伝統ある空手を知る

Enjoyスポーツ

伝統ある空手を知る

空手は小学生年代から全国的に教室が多く存在しており、柔道や剣道と並んでポピュラーな格闘技として知られています。
発祥は旧琉球王国(沖縄県)であると言われていて、中国武術を基にしてできたものだと言われています。

基本的な構成は型と組手の2種類で、型は演武とも呼ばれ様々な種類の蹴り技、突き技を組み合わせて披露するもので技を競うというよりは技を披露するという認識の方が正しいでしょう。
一方で組手は、一般的によく知られている蹴り技と突き技を組み合わせて相手と格闘します。

組手にはルールが大きく分けて3種類あり、伝統空手と呼ばれる寸止めで試合を進めるものとフルコンタクトと呼ばれる実際に相手の体へ攻撃するもの、そして防具をつけて行うものとあります。
小学生年代では怪我への考慮から、主に寸止めか防具付きのものが推奨されています。

また、空手道という言葉があるように技を磨くだけでなく礼に始まり礼に終わるといった日本の精神も合わせて教えています。

空手の技は基本が大切

健康や自分を守る手段として空手を習う人も多いものです。
空手と言うと男性やまた子供が習うイメージがありますが、最近では女性でも通う人が増えており、女性の通いやすさを考えている道場も増えてきています。
歴史ですが沖縄から生まれたと言われており、もともとは唐手と書いていたと言われています。
沖縄にあった武術と中国から伝わった武術が融合されてできたものです。
空手にはいくつかの流派が存在し、その流派の考え方から道場を選んだり、また家から近い場所などから選ぶ人など様々です。
基本的な技は突きと蹴りですが、その中にも色々な種類があるのです。
正拳突きはこぶしを握り、真っ直ぐと相手に突いていきます。
上段・中段・下段とどこにでも攻撃することができます。
またこぶしの甲で突く方法を裏拳と言い、手首を使ってスナップしていくので素早い攻撃が出来ます。
そして手を刀のような形(親指を曲げての頃4本の指を真っ直ぐに伸ばす)で急所を攻撃していく方法を手刀と言います。
また蹴りにも色々な種類があり、真っ直ぐ正面に蹴る前蹴り、身体を回して蹴る後ろ蹴り、横から蹴り上げる横蹴りなどがあります。
これらを組み合わせて攻撃していくのです。
他にもほとんど使われていない技ですが、指1本や2本でのどや目を攻撃する方法などもあります。
基本をしっかりとマスターすることによって技術が向上し、また攻撃だけでけでなく受けもとても重要です。
健康だけでなく精神面を鍛え、礼儀を学ぶこともできるスポーツです。

recommend

電話占い
http://dione.jp/
横浜のiPhone修理店
http://iphonesyuuri-naritaya.com/shop2/
結婚式の席次表作成
http://www.gooyon.com/
出産祝い 絵本
http://www.iicotoehon.com/
バンドTシャツ
http://www.rakuten.ne.jp/gold/tokyoroxx6955/